1. TOP
  2. Web その他
  3. Googleで検索結果に出ているURLを早めに削除する方法

Googleで検索結果に出ているURLを早めに削除する方法

カテゴリ:
Web
その他
| トラックバック(0)
投稿者:めか めか

ふと見ると、検索結果に表示して欲しくないページまでインデックスされている!
なるべく早めに削除したい!
と言う時に覚えておくといいかもな内容がWeb担当者フォーラムに載っていたのでメモ。

Googleウェブマスターツールの「URL削除」を使う

Googleウェブマスターツールは登録したWebサイトのGoogleでのインデックス数やクロール速度・エラー等が確認できるサイトです。
このWebマスターツールに消したいページがあるサイトを登録し、左側のメニューにある「サイト設定」→「クローラのアクセス」内にある「URL の削除」から削除を行う事が出来ます。(ただしURL単位でしか登録が行えないため、フォルダ丸ごと削除したい場合などは面倒です。)

ステータスコードで410を返す

フォルダを丸ごとインデックスさせないためには、フォルダ丸ごとを削除して404エラーを出すようにすればその内インデックスから削除はされますが、丸ごと削除できない理由も色々あったりします。
そんな時は削除しなくてもステータスコード410を返す事で削除が可能との事です。
また、404を返すよりも410の方がより早くインデックスから削除されるようです。

以下、グーグルウェブマスターセントラルの公式フォーラムでグーグル社員のJohn Mueller氏がコメントしていたそれらしき内容↓

Yes, we will generally retry 404s a bit more frequently than 410s, but we will still retry them especially when we find new links to those URLs. A 410 will generally result in us removing a URL faster from the index (since, as Phil mentioned, a 404 can be a temporary state by design; something which we've also found to be the case in practice as well). Webmaster Central Help Forum

ステータスコード410を返すためには、例えばテスト用に作成していた「test」フォルダがインデックスされてしまっていて検索結果から消したい場合は.htaccessやApacheサーバで以下のように設定します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/test/
RewriteRule .* - [G]

参考

ウェブマスターツールのURL削除や404エラーは知っていたんですが、
ステータスコード410は知らなかったです。感謝!

« 商用利用可なデザイン枠・飾り罫素材サイト「フレームデザイン」 | ホーム | クリエイティブな404エラーページ60+サイト »

トラックバック

http://pulltab.info/mt/mt-tb.cgi/47
ページの先頭に戻る