1. TOP
  2. Perl / PHP Web
  3. CakePHP開発用のメモ

CakePHP開発用のメモ

カテゴリ:
Perl / PHP
Web
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

PHPのMVC(Model View Controller)フレームワーク

MVCフレームワークの何か一つくらいきちんと出来ないと、この先、食いっぱぐれるんじゃないかと思い、CakePHPを使えるように勉強します。

MVCフレームワークとは何なのか

何なんでしょう。データベースに直接アクセスしない。フレームワークが用意してくれるデータベースアクセス用のメソッドを使いモデルで指定したデータベースにアクセス。コントローラーでそのデータを操作し、その結果をビューに出力するモノだろうと朧に理解しています。

Model View Controller(モデル・ビュー・コントローラ; MVC)は、コンピュータ内部のデータをユーザに提示し、それに対してユーザが何らかの指示を出すタイプの、独自のユーザーインタフェースをもつアプリケーションソフトウェアを、以下に述べるようなmodel・view・controllerの3つの部分に分割して設計・実装するという技法、又はそのような構造をいう。 Model View Controller:wikipedia

ウィキペディアを見ても全く理解ができませんが、要するにコードをウェブサイトの表示部分と、プログラム部分と、データベースにアクセスする部分を別々に分けて、すっきりさせましょう。みたいな事が書いてあるんだと思います。

また、煩雑になりがちなデータベースへアクセスする為のSQL分を一々書かなくてよいという事のメリットなのではないでしょうか。SQLが非常に苦手な私にはとても助かります。

現時点での自分のイメージ

ビュー(ユーザのウェブサイト操作)→コントローラ(プログラムが動いて)→モデル(データを取りにいって)→コントローラ(データを操作して)→ビュー(ウェブサイト)に表示のイメージでしょうか。

チュートリアルやリファレンスなど

まだ、未熟な為、理解や解釈が間違っているかもしれません。取り急ぎまで。

« MTプラグイン作成:Perlのハッシュ(連想配列)ではまる | ホーム | PHPでチェックボックスやセレクトボックス値を効率よく受け取る »

トラックバック

http://pulltab.info/mt/mt-tb.cgi/59
ページの先頭に戻る