1. TOP
  2. 2013年5月

レスポンシブ ウェブデザイン(CSSメディアクエリのメモ)

カテゴリ:
HTML / CSS
Web
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

今なさらながらレスポンシブウェブデザイン用のメディアクエリをメモ

私も一般に言われるレスポンシブウェブデザインは好きではありません。正直、レスポンシブウェブデザインを考えた人、実装しようと思いついた人の頭を疑います。

僕はレスポンシブサイトが嫌いです。レスポンシブサイトが嫌い、というよりは普通のサイトよりも、レスポンシブサイトの方が優れているという風潮が嫌い。

僕はレスポンシブサイトが嫌いです - ぼくのぶろぐ

何故かって、レスポンシブウェブサイトは全くユーザの為になっていないんですよね。何でもかんでもレスポンシブがいいってのは絶対に間違ってる。

ただ、特定のコンテンツ、例えばテキスト主体のブログとかならば、レスポンシブウェブでも問題ないとは思います。要するに使い分けてくれと。それでもレスポンシブは使いにくいぞと。

ですがまぁ、レスポンシブを実現しているCSSのメディアクエリぐらいは覚えておかないといけないのでメモしておきます。

使わないのと使えないのじゃ全く違いますからね。

検索エンジン対策にハマった人がハマってしまう落とし穴

カテゴリ:
Web
デザイン
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

SEOを知った人って

検索エンジン対策に少し詳しくなると、基本的に

  • 月間検索数の多いキーワードをメインの対策ワードにして、上位表示を狙おう。
  • 検索エンジンの為に(上位表示を狙うために)もっとテキストを増やそう。
  • もっと検索エンジンに対してキーワードを認識させるために、対策ワードを文章中に増やしてよ。
  • 検索順位向上のためにもっと外部リンクを業者に貼ってもらおう。
  • ページ内コンテンツを多くするために少しでも文章を増やすためにimgタグのalt属性に文章をもっと入れた方がいい。
  • キーワードの含有率を増やすために、ウェブサイトの全ページにこの文章をいれてよ。CMSで管理してるから簡単でしょ。

この様な感じの思考の人、周りにいませんか?

SEO自体、対策キーワードの規模・人気度にもよるとは思いますが、一昔前まではこれで少なからず上がっていたので間違ってはいないと思います。

検索エンジンも馬鹿ではありません、検索履歴から個人ごとに異なる検索結果をだそうとしている昨今、SEO対策に意識を集中しすぎてしまうのはナンセンスなことだと思います。

  • 1
ページの先頭に戻る