1. TOP
  2. その他
  3. WEBマーケティング(集客)に関する考察

WEBマーケティング(集客)に関する考察

カテゴリ:
その他
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

ってブログタイトルじゃ誰も見ないでしょ!

というタイトルにするよりもサイトのアクセス数をあげるには?とか、サイトに貼り付けた広告で儲けるには?とかにしたほうが解り易い。っていうのがウェブマーケティングでしょう。マーケティングっていうよりコミュニケーション能力ですね。

マーケティングって言葉が便利すぎる

もう、一言目、二言目には「マーケティングガー」、「シュウキャクガー」、「コンサルティングガー」って馬鹿でしょ。

そんな幅が広い便利ワードを使って何がしたいんだと。そう思いませんか? いや、ウェブサイトのアクセス数を上げたいんですけどね。

よくある駄目なウェブマーケティング

ランディングページがどうとか、SEO対策がどうとか、キーワード広告がどうとか、リターゲティングがどうとか、それ本当に価格に見合った効果あるんですか?

そういった小手先の対策をやっていると、アクセス数が思ったより伸ず、運営費がギリギリになり、とどのつまり広告出稿料を稼ぐ為にサイトを運営するというドツボにハマります。気をつけましょう。

面白くない内容(売れない商品)を幾ら宣伝したって誰も興味ないんですわ。残飯にキャビアかけたって残飯でしょ。そのキャビア幾らしてんだよ!って話です。

まず、商品から見直せと。それは個人で勝手にやってもらうとして。

CTR、CPA、CPOとかってなんだ?

いまさら聞けないウンたらカンたら○○って見出しで昔本に出てましたけど、アルファベットの略語を使うな無能共が、って思いましたよ。

CTR(クリックスルーレイト)
リンクが表示された回数に対するクリック数の割合。10回表示されて、1クリックされていたらCTR10%。
CPA(コストパーアクション)
リンクが1クリックされたら幾らかかりますって価格。1回クリック10円だったら、CPA10円。
CPO(コストパーオーダー)
1問合せ(とか1販売)あたり幾らかかりますって価格。1クリック辺り10円の広告リンクをクリックした10人のうち、1人が問合せしたら、CPO100円。

って意味なんですが、たとえば「原価60円の商品、販売価格が180円だとして、販売までのネット広告費に100円かかってる。差額が利益で20円。儲かったよ!広告してよかった。」ってあるとします。費用対効果もマイナスではないからいいって。

儲かってるのは広告会社ですよね。

ウェブサイトのアクセス数を上げるには

  • 中の人が見えるようにする
  • 決まった日時に、必ず更新する
  • 人が集まってる所で宣伝する
  • 多くの人が"違うと思うこと"をコンテンツにする
  • 公式に書いてある難しいことを、解りやすくもそのままコンテンツにする
  • まとめサイトのまとめを作る
  • 何かに特化したコンテンツを作る
  • リーチしたい人が集まっているサイトに広告を出す

他にも沢山ありますが、まぁ、こんなところだと思います。書いてる途中で面倒になってきてしまったので駄文ではありますがここいらで公開しておきます。

« 給料や支払いを正確にしないという事によって | ホーム | ウェブサイトのスライドショーに »

トラックバック

http://pulltab.info/mt/mt-tb.cgi/105
ページの先頭に戻る