1. TOP
  2. Web

【javascript / jQuery】IE7以下で動かない関数とか

カテゴリ:
Web
その他
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

IE7でサポート対象外のjavascriptコード

javascript

typeof(Array) == "object"を使え。

for文でまわせ。

for文でまわせ。

Wordpressのアップロードした画像でハマる

カテゴリ:
Web
その他
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

というかこんなんプログラムのバグだろ。

条件

  • Wordpress 3.6
  • WordpressをLinuxにインストールしている
  • uploadsディレクトリに英数字のファイル名を利用している
  • 大文字小文字が異なる同名異字のファイル(例:TOP_image01.jpg、top_image01.jpg)をアップしている

症状

上記の状態で、uploadsディレクトリのバックアップをWindows系OSのローカルディレクトリへとると、同名異字のファイルが全て上書きされてしまう。

要するに、Windows系OSではTOP_image01.jpgとtop_image01.jpgが同じファイルとして扱われてしまう。

この状態で、何かの拍子に、バックアップをとっておいたuploadsディレクトリをサーバ側にアップロードすると、エントリ内の画像が正しく表示されないという事態に陥る。しかもFTPソフトなどでは通常、常に上書きにしているので判り難い。

たとえば、クライアントが、大文字小文字が異なる同盟の画像ファイルをアップロードしている場合は注意が必要になる。

原因

当たり前の話だけど、OSごとによって同名異字のファイル名が区別されるかどうかが違う。

Linuxなどでは、ファイル名の大文字小文字が区別される

Windowsなどでは、ファイル名の大文字小文字が区別されない

この所為で、アップされていた画像をローカルからFTPなどでアップしなおそうとすると不具合がおきることになる。

その他

というか、大文字小文字区別無く同名のファイルが存在するか確かめない実装をするなんて常識的に考えてありえないんじゃないかなぁ。

「画像を軽くするために、いったんローカルに落として編集し、FTPで上げなおそう」とか考えていた24時間前のオレを全力で止めたい。uploadsフォルダをローカルにバックアップしとけば安心でしょとか思っていたのがそもそもの間違いでした。

もう(色で)迷わない!素敵な配色が選べるウェブサイト HUE/360

カテゴリ:
Web
デザイン
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

130618hue360.jpg
Screen shot : [ HUE / 360 ] The Color Scheme Application

デザインの配色に困ったらHUE / 360

ベースとなる色を1色選ぶと、その選んだ色に合う色を選べるウェブサービス[ HUE / 360 ] The Color Scheme Application

配色のセオリーを知らない人でも、違和感のない配色が行えるので非常に便利です。

使い方

  1. 希望の明るさを選ぶ
  2. 希望の色を右側から一個選ぶ
  3. 1~2を繰り返して、欲しい分だけ色を選ぶ
  4. 選んだ色は画面下に出てくるので"Print User Color"で16進カラーコードをコピペ

"Try Painting"でウェブへの配色テストが行えます。キーボードの"p(せ)"ボタンを押してドロップダウンリストから配色をします。

以上です。

レスポンシブ ウェブデザイン(CSSメディアクエリのメモ)

カテゴリ:
HTML / CSS
Web
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

今なさらながらレスポンシブウェブデザイン用のメディアクエリをメモ

私も一般に言われるレスポンシブウェブデザインは好きではありません。正直、レスポンシブウェブデザインを考えた人、実装しようと思いついた人の頭を疑います。

僕はレスポンシブサイトが嫌いです。レスポンシブサイトが嫌い、というよりは普通のサイトよりも、レスポンシブサイトの方が優れているという風潮が嫌い。

僕はレスポンシブサイトが嫌いです - ぼくのぶろぐ

何故かって、レスポンシブウェブサイトは全くユーザの為になっていないんですよね。何でもかんでもレスポンシブがいいってのは絶対に間違ってる。

ただ、特定のコンテンツ、例えばテキスト主体のブログとかならば、レスポンシブウェブでも問題ないとは思います。要するに使い分けてくれと。それでもレスポンシブは使いにくいぞと。

ですがまぁ、レスポンシブを実現しているCSSのメディアクエリぐらいは覚えておかないといけないのでメモしておきます。

使わないのと使えないのじゃ全く違いますからね。

検索エンジン対策にハマった人がハマってしまう落とし穴

カテゴリ:
Web
デザイン
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

SEOを知った人って

検索エンジン対策に少し詳しくなると、基本的に

  • 月間検索数の多いキーワードをメインの対策ワードにして、上位表示を狙おう。
  • 検索エンジンの為に(上位表示を狙うために)もっとテキストを増やそう。
  • もっと検索エンジンに対してキーワードを認識させるために、対策ワードを文章中に増やしてよ。
  • 検索順位向上のためにもっと外部リンクを業者に貼ってもらおう。
  • ページ内コンテンツを多くするために少しでも文章を増やすためにimgタグのalt属性に文章をもっと入れた方がいい。
  • キーワードの含有率を増やすために、ウェブサイトの全ページにこの文章をいれてよ。CMSで管理してるから簡単でしょ。

この様な感じの思考の人、周りにいませんか?

SEO自体、対策キーワードの規模・人気度にもよるとは思いますが、一昔前まではこれで少なからず上がっていたので間違ってはいないと思います。

検索エンジンも馬鹿ではありません、検索履歴から個人ごとに異なる検索結果をだそうとしている昨今、SEO対策に意識を集中しすぎてしまうのはナンセンスなことだと思います。

ページの先頭に戻る