1. TOP
  2. Wordpress

[Wordpress] Shibbolethプラグインを入れて有効にすると.htaccessが書き換わる

カテゴリ:
Web
Wordpress
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

そのまま管理画面をリロードしようとすると500エラーになるので落ち着いて対処すること。

[Wordpress] Gutenbergのカスタムブロック作成で始めるReactプログラミング

カテゴリ:
Web
Wordpress
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

流れ(Windows 10 VScodeを想定)

  1. Nodeをインストールする。
  2. テーマフォルダなどへ移動して`custom-block`とか解り易い名前のフォルダを作る。
  3. 作った`custom-block`フォルダへ移動して`npm init`して`package.json`を作る。entry pointは`build/index.js`とかにしておく。
  4. `Run npm install --save-dev --save-exact @wordpress/scripts`でWordpressのパッケージをインストールする。
  5. package.jsonを開いてビルドコマンドを追記する。
    ``` "scripts": { "start": "wp-scripts start", "build": "wp-scripts build" }, ```
  6. シェル・コマンドプロンプトを開いて開発時は`npm start`を、本番用ファイルは`npm build`でファイルが作成される。
  7. `custom-block`フォルダ内に`src`フォルダを作成し、index.jsを作成する。
  8. `custom-block/src/index.js`に独自ブロックjsをインポートさせるjsを書く。
  9. `custom-block/src/user-block01.js`を作成して、独自ブロックのjsを書く。
  10. テーマフォルダ内の`functions.php`へ、カスタムブロックをWordpressへ読み込むPHPを書く。`custom-block/custom-block.php`とかで別ファイルにして読み込ませても良い。公式ではプラグインとして登録させるようになっているがどっちでもよい。
  11. コンポーネントのGithubコンポーネントリファレンスを見て使いたいタグを使う。Reactのコンポーネントも使える。Wordpress Gutenberg よく使いそうなコンポーネントまとめも解り易いのでみる。

続きに、ファイルの例を記載する。

[Wordpress] Windowsのローカル環境でPHPUnitが動かない時の対処法

カテゴリ:
Web
Wordpress
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

PHP Warning: require_once(/tmp/wordpress//wp-includes/class-phpmailer.php): failed to open stream: No such file or directory in C:\Users\%User%\AppData\Local\Temp\wordpress-tests-lib\includes\mock-mailer.php on line 2

Windows10でWordpressのプラグインを作成し、ユニットテストをしようとして動かない時、WP-CLIで作成したテスト用のWordpressの設定ファイル、wp-tests-config.phpに記載されているABSPATHをWindows用に修正する必要がある

# User\AppData\Local\Temp\wordpress-tests-lib\wp-tests-config.php
define( 'ABSPATH', 'C:\ユーザ名\AppData\Local\Temp/wordpress/' );

[Wordpress] WP-CLIをWindowsへインストールする。

カテゴリ:
Perl / PHP
Wordpress
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

公式https://make.wordpress.org/cli/handbook/installing/を読む。とにかく読む。

Composerを使う場合

公式https://make.wordpress.org/cli/handbook/installing/#installing-via-composerを読む

  1. Composerをインストールした状態でカレントをC:\にしてcomposer create-project wp-cli/wp-cli --no-devをする。
  2. コントロールパネル>システム>システムの詳細設定から環境変数を追加する。ここでは"c:/wp-cli/bin"。

Composerを使わずwp-cli.pharからインストールする場合

公式https://make.wordpress.org/cli/handbook/installing/#installing-on-windowsを読む

  1. https://raw.github.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.pharからwp-cli.pharをダウンロードする。
  2. 適当なディレクトリに置く。公式だとルートc:\wp-cli。
  3. wp.batという名前の空ファイルを作り、c:\wp-cliへ入れる。
  4. wp.batへ
    @ECHO OFF
    php "c:/wp-cli/wp-cli.phar" %*
    という内容を記述して保存。
  5. コントロールパネル>システム>システムの詳細設定から環境変数を追加する。ここでは"c:/wp-cli/bin"。

[Wordpress] REST APIを無効化

カテゴリ:
Web
Wordpress
| トラックバック(0)
投稿者:yo yo

function.php

/* **************************************************************************
REST API 無効化 htaccessも参照の事
************************************************************************** */
function DRA_only_allow_logged_in_rest_access( $access ) {
    if( ! is_user_logged_in() ) {
        return new WP_Error( 'rest_cannot_access', __( 'Only authenticated users can access the REST API.', 'disable-json-api' ), array( 'status' => rest_authorization_required_code() ) );
    }
    return $access;
}
add_filter( 'rest_authentication_errors', 'DRA_only_allow_logged_in_rest_access' );

.htaccess

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
######
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/wp-json/
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/oembed/
######
RewriteRule . /index.php [L]


# END WordPress

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWordpressカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはSEOです。

次のカテゴリはその他です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ページの先頭に戻る
​​